テクノストラクチャーとは・・・

テクノストラクチャーとは、パナソニックが提供する耐震住宅工法です。
テクノストラクチャーの家は『LONG&SMART』をテーマにあなたの人生と共に存在していきます。

LONG&SMART


LONG=いつまでも安心して長く住み続けられること。

SMART=いつまでも快適に便利にお得に暮らし続けられること。

木造住宅の弱点

木材は、縦向きの力に強く、横向きの力には弱いといった特性があります。
つまり、柱として使うには充分な強度が期待でき、梁のように横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

木造住宅の弱点

木造住宅の弱点を克服したテクノビーム

テクノビーム

テクノストラクチャーでは、梁に木と鉄を組み合わせたオリジナル複合梁「テクノビーム」を採用しました。
木の梁と比較して、たわみが少ないので梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみが抑えられます。

テクノビームの耐久性

テクノビームと木製梁で、約2.2tの荷重を加えた耐久性試験では、30年後のテクノビームのたわみ量は木製梁の1/4以下という結果が出ました。

テクノビームの耐久性

柱と土台、梁との接合部分

ドリフトピン接合

木造建築において、過去、地震により倒壊した多くは、柱が土台から抜けてしまった事が原因だと言われています。
そこでテクノストラクチャーは柱と土台、柱と梁の接合部分にはドリフトピンを採用しています。
ドリフトピン接合は、柱の引抜き設計強度が約3倍に上がると言われています。
また、従来の木造建築では継手、仕口等により柱、梁の断面欠損がいなめません。
テクノストラクチャーでは、補強金物を使い、ボルトで固定していますので断面欠損の問題もほとんどありません。
このように、テクノストラクチャーでは細かい部分までも考慮しています。

柱の引抜き設計強度
梁の切り欠き欠損