「テクノストラクチャー プレミアム仕様」ってどんなおうち???

木造住宅の弱点

木造住宅の弱点を克服したテクノビーム

柱と土台、梁との接合部分

ドリフトピン接合

木造建築において、過去、地震により倒壊した多くは、柱が土台から抜けてしまった事が原因だと言われています。
そこでテクノストラクチャーは柱と土台、柱と梁の接合部分にはドリフトピンを採用しています。
ドリフトピン接合は、柱の引抜き設計強度が約3倍に上がると言われています。
また、従来の木造建築では継手、仕口等により柱、梁の断面欠損がいなめません。
テクノストラクチャーでは、補強金物を使い、ボルトで固定していますので断面欠損の問題もほとんどありません。
このように、テクノストラクチャーでは細かい部分までも考慮しています。

柱の引抜き設計強度
梁の切り欠き欠損
パナソニック耐震住宅工法 パナソニックテクノストラクチャー プレミアム仕様の記事一覧
ワンランク上の標準仕様
プレミアム仕様の鋼製建具
永く、心地よく、安全に住み続けるための、つむぎえの3つのクオリティ
テクノストラクチャーの家を実際にモデルハウスで体感してください!
お問い合わせ