■Panasonic耐震住宅工法 テクノストラクチャー プレミアム仕様の記事一覧

木造建築において、過去、地震により倒壊した多くは、柱が土台から抜けてしまった事が原因だと言われています。
そこでテクノストラクチャーは柱と土台、柱と梁の接合部分にはドリフトピンを採用しています。
ドリフトピン接合は、柱の引抜き設計強度が約3倍に上がると言われています。
また、従来の木造建築では継手、仕口等により柱、梁の断面欠損がいなめません。
テクノストラクチャーでは、補強金物を使い、ボルトで固定していますので断面欠損の問題もほとんどありません。
このように、テクノストラクチャーでは細かい部分までも考慮しています。
オプション工事だからと、あきらめていた装備を手に入れていただきたい。
だから、そんな装備を標準設備といたしました!

家族が紡ぐ長い人生を、テクノストラクチャーの家が守ります。
多くの注文住宅づくりで培った加藤連合建設のノウハウパナソニックの先端技術を融合したテクノストラクチャーの家

耐震性・耐久性とデザインの自由度を両立した強くて心地よいこだわりの住まいを、来て、見て、体感してください!