STAGE 01:高い耐震+耐火

長期優良住宅を超えた基準。
①建物をがっちり支えるべた基礎。
  住まいの要ともいえる基礎とは、建物の重量や外力(地震や風)を、均等に地盤に伝えることで、沈下したり損傷したりしない仕組みを指します。
②耐震等級3の家。
  地震国日本において、これから家を建てる基準となるのは、「頑丈で長持ちする家」。建築基準法の1.5倍の耐震性。
③省令準耐火構造の家。
  万が一をしっかり考えた、木造でも安心できる耐火構造の家。