ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEHとは



ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、自宅で消費するエネルギー量よりも、自宅で創るエネルギー量が多い住宅の事を言います。そのためには、住まいの断熱性、省エネ性能を上げる事が不可欠となります。

【ZEHの定義】
①強化外皮基準を満たすこと。
②再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量を削減すること。
③再生可能エネルギーを導入すること。
④再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量を削減すること。

詳しくは担当窓口にお聞き下さい。

国から補助金が受けられます。

一定要件を満たしたZEHを建てたり、購入すると、国より補助金が受けられます。
2017年度は、一戸あたり、75万円です。

また、交付要件は以下の通りです。
①ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること。
  太陽光発電などで売電を行う場合は余剰買取方式に限ります。
②申請する住宅はSIIに登録されたZEHビルダーが設計、建築または販売を行う住宅であること。
③導入する設備は本事業の要件を満たすものであること。
④要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること。
⑤既築住宅は、住宅全体の断熱改修を含み、導入する設備は原則としてすべて新たに導入すること。

さらに、補助金をうけられる人は、新築住宅の建築主、新築建売住宅の購入予定者、または既築住宅の所有者で、常時居住する住宅に限られます。

当社の取り組み

ZEH 目標割合


当社は、経済産業省の指針に基づき、2020年度までにZEHの割合を50%以上にする目標を掲げ、全力で取り組んでいきます。