長期優良住宅仕様

『建てては壊し、また建てる』から
  『いい住まいを建て、長く大切に住む』へ

具体的には、
  地震などの災害に強く、高い耐久性を備える事、
  さらに断熱性などの室内環境を高め、省エネに貢献できる事。

その事により、
  住宅の建設や解体による環境負荷も少なく、
  住まい自体の資産価値も高まり、
  減税などの優遇を受けられ、
  なにより何度も建てる経済負担を減らす事が出来る。

長期優良住宅仕様
  

長く快適に住み続けられる家
  

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年〈平成21年〉6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用する事により、
住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減すると共に、建替えに係る費用の削減によって
国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図る事を目的としています。

長期優良住宅仕様

・耐震性
  地震に強く、倒壊しにくい安心の家
・耐久性(劣化対策)
  構造や骨組みのしっかりした長く住める家
・維持管理、更新の容易性
  メンテナンスの容易な家
・住戸面積
  必要な広さが確保された、暮らしやすい家
・省エネルギー性
  地球にやさしく、家計にもやさしい家
・居住環境
  地域のまちなみと調和した家
・維持保全
  「住まいの履歴書」付の、長く快適に住み続けられる家

省エネ、耐震等級2
維持管理対策、劣化対策

長期優良住宅のメリット
○所得税の住宅ローン控除
  400万円(40万円×10年)→500万円(50万円×10年)
○登録免許税
  移転登記や保存登記が軽減されます。
○不動産取得税
  控除額:1200万円→1300万円
○固定資産税
  1/2軽減期間:3年→5年
○住宅資金贈与の非課税枠
  700万円→1200万円