建築用語集

あ行

洗い出し(あらいだし) 左官工事・・・種石とモルタルで練り合わせ、壁や、床に塗込み、半乾き状態の時に、水洗い(表面モルタルを流し落す)して種石を浮き出させて、石を綺麗に見せる仕上工法
アンカーボルト 土台と基礎コンクリートなどの、連結に使う為のL型のボルトがコンクリートに埋め込まれたボルトを言う。
上がり框(あがりかまち) 玄関など、土間から床に上がる為に取りつけた化粧角材
板目(いため) 木材の原木を年輪の接線方向に挽いたときに現れる板模様で山型に現れる木目のことです。
入母屋屋根(いりもややね) 屋根形式の一つ。上部を切妻造りの形式にし、その四方に庇屋根を付けた形式。
横架材(おうかざい) 構造物の骨組みで、水平方向に掛け渡された部材。木造建築物などで、土台、梁、桁などを指す。
大引き(おおびき) 1階床を支える構造部材。
大壁(おおかべ) 建築の内外(柱や梁など、、)に壁による仕上材等で柱や梁などを隠た壁の工法。
オーバーハング 下階より飛び出した上階。またはそのような突き出した部分。

か行

鏡板(かがみいた) 大きな平滑な一枚板(継目の解らない様に仕上た板も言う)
額縁(がくぶち) 窓や出入口、収納部など開口部と、周囲の壁仕上げの境界に取り付ける見切り材。
框(かまち) 窓、障子、ふすま等の建具の周囲の枠。
鴨居(かもい) 襖、障子など、開け閉めにする為の上部に付けてある化粧材。
基礎 建築物、構造物の過重を地盤に伝える、下部構造物。
切妻屋根(きりづまやね) 屋根形式のひとつ。大棟から両側に流れをもつもの。
靴摺り(くつずり) 開き戸の下部、敷居が15mm程床より高い場合など歩き易くする為に角面を斜面に削り取る事を言う。
管柱(くだばしら) 階上と階下が胴差しで区切られている柱を管柱という。これに対して、上下階に一本で通っている柱を通柱という。
組子(くみこ) 立て横の材を合い欠き等で組み合わせる(ガラス戸や障子の組み型が代表的なもの)。
下屋(げや) 2階建ての場合、1階部分に取りつけられた屋根を言う。

さ行

採光(さいこう) 一般には明かりを取り入れる事・・・建築基準法では床面積の7分の1以上の採光、「有効採光」明かりとリ窓が必要とされている。
在来工法(ざいらいこうほう) 柱と梁を主体に組み合わせて家をつくる方法。軸組み工法とも言う。
実部(さねぶ) 板と板をつなぎ合わせるときの継ぎ目の部分。本実(ほんざね)加工が主流。
サムターン 間仕切錠や表示錠の施解錠するための小さなつまみ。
地鎮祭 土木や建築などの工事を始める前に行う儀式。
その土地を安全に利用させてもらうことの許しを得る儀式で工事の無事完成をを祈る儀式と認識されています。
地盤調査 地盤調査とは、建築物の建設に先立ち、土地を地質学的と土質工学的に調べること。住宅の地盤調査では、先端がスクリュー状になった棒を回転貫入させるスウェーデン式サウンディング方式が一般的。
真壁(しんかべ) 柱を外に出す伝統的な壁のつくり。
末口(すえくち) 丸太の梢側(立ち木の上の方、)を言う。

た行

耐力壁(たいりょくへき) 建築基準法第20条の規定に基づき、
地震や台風による水平力及び屋根の過重などに耐えうる壁で
地震力/風圧による水平方向の力に対抗ができるように、筋交いを入れる、または構造用合板などを張った壁などのことを「耐力壁」と言う。
ダウンライト 天井に埋め込んだ下向きの照明のこと。
畳寄せ(たたみよせ) 和室納まりで畳と、壁面に取りつけた材。
建坪(たてつぼ) 敷地の中に建物の一階部分が占める床面積のこと。延坪とは区別して使います。
垂木(たるき) 小屋組みの骨材・・・桁、母屋、棟に、勾配打ちつける材。

な行

内装制限(ないそうせいげん) 室内の壁と天井を不燃化するする法律。
長押(なげし) 和室座敷等にみられる鴨居の上部に取りつけられた化粧材。
納戸(なんど) かつては、防寒のために板や土塀で閉じられた窓の無い部屋で寝間として使われていたそうだが、、、現在では物置の意味に使っている言葉。
布基礎(ぬのきそ) 一般住宅に多い逆T字型に立ち上がった基礎。
濡れ縁(ぬれえん) 建物に付随して外部に設ける雨ざらしの、縁板。
根太(ねだ) 木造在来工法での床の下地に使われる角材で、300mmピッチで大引に対し垂直に打ちつけられます。
軒(のき) 屋根面の外壁から外側に差し出ている部分をいう。風や雨、日ざしをよける。
野地板(のじいた) 屋根材・・・垂木の上に屋根下地として張る材で、荒野地/野地/裏板/屋根板等と言う。
野縁(のぶち) 打ち上げ天井などの下地を組む場合の胴縁や下地板を打ちつける部材で、45c~90c程度の間隔に配置された材。
延べ床面積 建築物各階の合計床面積の合計。
法面(のりめん) 傾斜面を表す語。切土や盛土、石垣や土留めなどの傾斜面をいう。

は行

パーティクルボード 細かく刻んだ木片(チップ)に接着剤を加えて熱圧成型した板。大きくて厚い板が作れ加工が容易。狂いが少なく遮音性・断熱性が良い。
巾木(はばき) 壁と床に接する部分に設ける化粧、横板材。
羽柄材(はがらざい) 根太や垂木などの構造と下地を兼ねる小断面材部材のこと。
掃き出し窓(はきだしまど) 出入り口として使える大きな窓。
鼻隠し(はなかくし) 軒先納まり・・・垂木の鼻を隠す為に取りつける材。
破風(はふ) 入りも屋や切り妻の、屋根の妻側に取りつけられた厚板の部材。
梁(はり) 木造梁においては、一般に2つ以上の支点に水平もしくは斜面に支えられ上部からの荷重を受ける為の横架材。
火打ち(ひうち) 土台(火打ち土台)や梁胴差等の(火打ち梁)角部に取りつける水平構造用部材。
不燃材(ふねんざい) 燃えない材料の事を表すが、、建築基準法出定める法定不燃材の事を言う。
プレカット 木造住宅や木工時における構造材、造作材を工場生産によるシステム。
方杖(ほうずえ) 柱のその上部の横架材に取りつける斜め材で、横力に対してこの部分の変形を防ぐ構造材、木造でもラーメン構造に近い効果が期待できる。
方立て(ほうだて) 縦枠のこと。

ま行

柾目(まさめ) ほぼ平行に現れる木目。
間柱(まばしら) 柱と柱の間にいれる45cm間隔程度に取り付ける材。
廻り縁(まわりぶち) 天井板と壁材の角部分に設ける見切り材。
無節(むぶし) 節の見えない材(上等材)・・・JASの造作材の基準では、材面ごとに判定し、1面無節から4面無節まである。
目透かし天井(めすかしてんじょう) 和室天上など天井板と天井板の間を3mm程度透けて張る天井。
母屋(もや) 垂木を受ける材、小屋組をを堅め屋根材を支える屋根裏構造材。

や行

床面積(ゆかめんせき) 建築各階の壁又は区画で囲まれた部分の水平投影面積を言う。
雪見障子(ゆきみしょうじ) 障子の下部半分に透明ガラスをし込み、ガラス部分に、ガラス大の障子を脇にはめ込み下部障子を刷り上げると庭を見たりして楽しむことが出来る又刷り上げ障子を下げた時は全面障子として見える、座敷の広縁堺、立て込む高級障子。
養生(ようじょう) 工事中角に柱や壁が傷が付かない用に当て板をしたり養生シートなどで保護する事を言う、、、またコンクリートやモルタルでも急速に乾いたり凍てついたり、しないように養生シートなど掛ける事も言う(仮説シート材など)。
擁壁(ようへき) 造成工事などで切り土、盛り土などの土砂の崩壊を防ぐ為、土圧に充分耐えられる様に作られたL字型又はT字型のもの。
寄棟屋根(よせむねやね) 屋根の形状の一種で、妻面がなく、四方に流れを持つ屋根。

ら行

ルーフドレーン 主に陸屋根の屋根面に設けられた雨水用排水金物を言う。
ロックウール 工場で製造された人造の鉱物繊維。アスベスト(石綿)が 同一のものでないかとの誤解を生じることがあるが全く別の物質。 断熱性、保温性、吸音性、耐火性に優れる断熱材。
陸屋根(ろくやね) 屋根の形状の一つ。傾斜の無い平面状の屋根のこと。平屋根ともいう。「陸」とは「平ら」との意味。
ロフト ロフトとは、屋根裏部屋のこと。