高断熱仕様

高断熱 [外壁・屋根]
  CO2を削減し、地球にやさしい断熱材 アクアフォーム

水から生まれた環境にやさしい断熱材
  通常はフロンガスを使用して発泡させる事が多い
  ウレタンフォーム。

  アクアフォームは水を使って現場で発泡させます。
  これにより柱と柱の間や、
  細かい部分にも隙間なく充填する事が出来ます。

  これにより柱と柱の間や、
  細かい部分にも隙間なく充填することが出来ます。

  アクアフォームはイソシアネートと水を含む
  ポリオールを混合する事で発生する
  炭酸ガスを発泡材として使用するので、
  オゾン層破壊や地球温暖化の原因となる
  フロンガスを全く使用しません。

  地球にやさしいウレタンフォーム素材として
  開発されました。

  また、人への影響も考慮し、
  アレルギーなどの原因とされる有害物質、
  ホルムアルデヒドも発生させません。

アクアフォーム

ポイント①
  高い断熱性と機密性

断熱性能

アクアフォーム 断熱性
アクアフォーム 性能

   ※熱伝導率とは熱の伝わりやすさを表すもので数値が小さいほど断熱性に優れています。
   ※(独)住宅金融支援機構監修の工事仕様書の断熱区分はA~Fの6段階でFに近くなるほど断熱性に優れています。
   ※(独)住宅金融支援機構の断熱材品種は区分Cですが、性能値によりD区分となります。
   ※相当断熱厚み割合とはアクアフォームを100とした場合に同等の断熱性を確保するために必要な厚みを表します。
   ※アクアフォームの性能値は測定値であり、保証値ではありません。


機密性能

機密性能
断熱性と機密性

ポイント②
 静かな住空間・吸音性能

吸音性能
アクアフォームの吸音性能
お得な冷房費
サーモグラフで検証
Q&A

Q1.断熱性が高いとどんなメリットがあるの?

A.1年を通じて、省エネルギーで快適な室内温度を保てます。
隙間のない構造で家中を密閉するため、冬場も暖房で暖めた空気が逃げにくく、家中が暖か。
底冷えや部屋によって温度差が生じるヒートショックも軽減出来るため、
お年寄りや冷え性の方にも安心・快適な住まいであるといえます。
______________________________________________________

Q2.高断熱・高気密というと結露が心配ですが!

A.結露の心配はありません。
壁の中に隙間が出来ると壁体内結露が発生しやすくなります。
壁の中の結露はカビや構造材の腐朽の原因となるだけでなくシロアリがつきやすくなり、
住まいの耐久性を低くしてしまいます。
アクアフォームは湿気を通しにくく、また構造体内に隙間を作らないため
壁体内結露が発生しにくい安心な断熱材です。
______________________________________________________

Q3.アクアフォームは断熱効果以外にもメリットはあるの?

A.隙間の生じないアクアフォームでは、従来隙間から入り込んでいた外部の騒音や
気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。
柔軟性に富んだアクアフォームは微細連続気泡構造で、
一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。
その為、騒音の少ないプライベート空間を維持します。
_______________________________________________________

Q4.子供がアレルギーなのですが影響はありませんか?

A.悪い影響はありません。
むしろ、他の断熱材よりも良い影響があります。
一般的に断熱材として使用されているグラスウールは給水性質があるためカビが発生しやすく、
またカビはダニの餌になるため必然的にダニが発生します。
カビやダニの死骸が喘息やアトピーなどの原因になるといわれています。
一方、アクアフォームを採用すると断熱材に隙間がないため壁内結露が発生しにくい住宅になります。
_________________________________________

高断熱 [床]
 CO2を削減し、地球にやさしい断熱材 フクフォームEco


未使用の紙廃材を再生利用した環境にやさしい断熱材
  製紙工程で出る産業古紙、再生プラスティック、水、コーンスターチを原料に水発泡技術で製造したエコ素材です。

フクフォームEco
フクフォームEco 原材料

ポイント①
 CO2排出量が少ない

フクフォーム CO2排出量

ポイント②
 長期安定性の断熱性能
一般的な発泡系断熱材は、発泡剤(断熱ガス)と空気との置換が起こり、断熱性能が低下します。
フクフォームEcoは、発泡剤が水蒸気であり気泡の中に存在するのは空気であるため、変化が起こらず、断熱性が維持されます。

フクフォーム 長期安定性